嵐が好き♪翔くんが好き♪そんなばんびーのの徒然日記。


☆いつもご訪問ありがとうございます☆
<< ありがとう。ブログ記念日。 main
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


☆携帯からは、下の方にポチッとなボタンあります☆
よければポチッとお願いします☆
 - -
陽だまりの彼女公開記念舞台挨拶@大阪
おひさしぶりです。
ばんびーのです。

仕事が立て込みバタバタとしてましたが、元気にしてました。
毎日毎日、嵐さんがいっぱいですねぇ。

今日は、潤くんの映画を観に行ってきました。
TOHOシネマズなんばで行われた舞台挨拶に参加してきました。

映画は、ボロ泣きでした・・・。
だいぶ抑えたつもりだったけど。

「陽だまりの彼女」ってすごいいいタイトルだなぁと改めて思いました。

以下、舞台挨拶のつたないメモとばんびーのの記憶
まるっとニュアンス。言葉もその通りじゃないので、雰囲気で。

映画感想は、また改めて・・・。

って事で、ほぼネタバレはないはずですが、多少は触れるかも。

☆携帯からは、下の方にポチッとなボタンあります☆
よければポチッとお願いします☆

舞台挨拶に行くのは、神様のカルテです。
こないだは、パブリックビューイングだったからね。

チケットの当選メールを見た瞬間は、夫の肩をバシバシたたいてました(迷惑超)
って事で、潤くん大好きなお友達と一緒に行ってきました。

原作は変わらず読まないようにしてたし、
なるべく情報は入れない状態で、ワクワクしながら観ました。

で、映画の・・ときに「ほわん」と、ときに「キュン」と、ときに「ギューッ」となりながら
あーっというまに二時間ちょっとの時間が過ぎて。
いよいよ、潤くんの登場ですよ。

司会の人に呼ばれて登場した潤くんは、やっぱりキラキラしてました。
今日は、初日と違い前髪を下ろしていて。
かっこかわいい感じ。
樹里ちゃんは、「かわいーー」「足ほそっっ」「ほんわか」って感じ(わかりづらい)

こんにちは、の挨拶から始まり
「連休の最終日。足を運んでくれてありがとうございます」
「土曜日に公開して間もないのにたくさんの人が足を運んでくれてると聞いた」
「非常に嬉しく思っています」

樹里ちゃんも3年ぶりの映画になるって話とかとても嬉しいって話してました。

監督の映画どうでしたか?の問いかけには、会場から大拍手!!

で、私が入ったのは12時の回で、上映後だったので
司会者の人が、上映後だからそんなに秘密にする事はないとは思うけどって話をしたら
潤くんが「マスコミの皆さんお願いします」なんて一幕も(笑)

司会者の人からの、今までの潤くんのイメージの役柄と違うんじゃ?
という事や、オファーが来た時の事を聞かれると
「そうですね。すごいうれしかったです」と。
「今までやった事のない役で声をかけてもらえて嬉しかった」
「現場にいるのが新鮮だった」

で、樹里ちゃんが現場を引っ張ってくれて、潤くんは「はい」と従ってたらしい(笑)
でもそれを言うと、樹里ちゃんが否定して。

それを踏まえて、映画のあるシーン(潤くんがかっこよく手を引っ張っていくシーン)では、
助監督さんから「カメラワーク(?)があるから3テンポくらいずらして欲しい」みたいな事言われたらしいんだけど
その時に樹里ちゃんが行こうとしちゃって、その時は潤くんが止めたみたい。

その他にもいろいろ映画の話してたんだけど、うろおぼえ・・・。

あとは、真緒が秘密を抱えながらも、浩介の前ではいつも笑顔で。
新藤さんの前ではつらい表情も見せるけど、僕の前では明るくて。
だから、僕は何も気づかない男ってなってるけど、
そんな風に樹里ちゃんが演じてなかったら、もしかしたら、何か気づく・・みたいになってたかもしれないけど
みたいな話もしてた(曖昧過ぎて意味不明でごめんなさい)

で、ベタな大阪ですみませんって事で司会者さんが
真緒と大阪でデートするなら、どこがいい?もしくは聞いた事あるけど、どうなんやろう?な場所を・・って質問。
「それは松本潤としてですか?」って潤くんが聞くんだけど
「どっちでも(浩介でも潤くんでも)いいです」ってことで。

確か、通天閣が一番に出てきたかな。
行った事がないらしい。
ちなみに大阪城もない、と。敷地内には入った事はあるけど、と(笑)
(はいはい。城ホですよねーつって。←懐かしいなぁ。真夏の城ホのセミの声)
で、「こっちではベタでしょ?東京タワーみたいな・・」
みたいに言うんだけど、司会者さんが「意外に(大阪が)地元の人は登ってない」
って言ったら、ビックリしてた。
監督も「意外に地元の人は観光地には行ってない」って言うんだけど
潤くんは「東京タワーに登った事ある」って言ってたな。んふふ。
あとは、松竹座やNGKにも行きたいって言ってた。

「小藪さんに会いに!」って。

会場爆笑だったよ(笑)

おー。小藪さん、ここでも登場だよーつって。

ちなみに樹里ちゃんは、15歳で東京に行ったし、兵庫だからあまり分からないと(笑)
こないだお盆に帰った時にUSJに来たけど、あまりにも人が多くて
入口付近で写真だけ撮って、「来た感」を出して帰ったそうです。

樹里ちゃん、大阪だったからか、わりと関西弁でのコメントとかもあってすごい親近感わいたなぁ。

最後に潤くんからの挨拶。

「今日は本当にたくさんの方に来ていただきありがとうございます」
「まごころ込めて作った「陽だまりの彼女」の空気感が気に入ってもらえたら」
「帰って身近な人に陽だまり感のおすそ分けをしてくれたら嬉しい」
「秘密が分かってからみても楽しめると思う」
「また劇場に足を運んでもらえたら嬉しい」

みたいな話をしてました。

で、このあとフォトセッション。

ステージで3人がボードを持って、マスコミさんが撮影してる間
司会者さんが飽きないように、いろいろ話してくれて(笑)

いつも雑誌や画像で観てるやつは、こんな風にして撮ってるんですよーとか
センターに目線くださいってなって、写真撮ってる時は
「今、センターです」とか、上手の人たちがそわそわしてたら
「もうすぐ、上手の方にも向きますから待っててくださいねー」とか
「下手も行きますよー」とか(笑)
スチールじゃなく、映像で撮ってる時は、手を振る潤くんを見て、観客も手を振り返してたら
「ありがとうございます。そうやって返してもらえると、手を振りやすいですー」とか。
いやー。大阪な感じだなぁと。

終始、あったかい、和やかな雰囲気の舞台挨拶でした。

最後の最後。

潤くんから、
来月に、また大阪にくるって話があって、会場から拍手が起きたら
「あ。嵐としてですけど」って言ってて。
でも映画の評判がよくてたくさんの人に見てもらえたら、またここに戻ってきたい
みたいな話もしてくれてたので、もしそうなったら嬉しいなぁと思います。

もうほぼ覚書にもなってない感じですが・・・。

トータル20分ほどだったかなぁ。

関西ローカルで、流れるといいなぁ。
ほぼスチールだった気がするから、もしかしたら映像は梅田とかなのかな?とも思うけど。

前売りも買ってるので、また時間を見つけて必ず見に行こうと思います。

ではでは、長くなりましたが、またね。

18:10 嵐(松本潤) -
スポンサーサイト

☆携帯からは、下の方にポチッとなボタンあります☆
よければポチッとお願いします☆
18:10 - -